プログラムの概要

山梨県外科専門研修プログラム 理念と概要

 本プログラムは山梨県内の医療機関および県外の関連施設で、優れた外科専門医を育成することを目的としている。3年間にこれらの専門研修施設群で豊富な臨床経験を持つ指導医の下で、十分な症例を経験することにより、外科医として必要な技術と幅広い知識を習得する。診療科としては一般外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、呼吸器外科、小児外科、心臓血管外科など専門医取得に必要なすべての領域を網羅する。
 外科専門医の次のステップとしての二階部分となる各専門領域の専門医取得を見据え、外科基本領域に加えて専門領域も並行して研修する連動型プログラムを基本としている。ただ多様なニーズに対応するために、専門領域は特に決めずに外科基本領域をまんべんなく研修する基本領域重視型プログラムや、早期の医学博士号取得を目指す大学院コースなども用意している

統括責任者 中島博之(山梨大学医学部附属病院第2外科)
副統括責任者 市川大輔(山梨大学医学部附属病院第1外科)